車の性能を最大限引き出す理想的な形

自動車の性能はちょっとした形の変化やエンジンの配置位置などで劇的に変化します。
近年ではミッドシップという方式のエンジン搭載方法が注目を集めています。
このミッドシップというエンジンの搭載方法は、自動車の車体中央寄りにエンジンを配置する形になっています。
このような配置にすることで自動車のバランスが劇的に向上し、高速走行時の安定性やコーナリングでのキビキビとした動きを実現することができます。
これまでは、エンジンの大きさによる制約や燃料タンクの配置などの問題から、ミッドシップの自動車は開発が困難でした。
しかしながら、近年の技術力工場や新しいエンジンの設計などを通してミッドシップのエンジン配置が可能になったのです。
市販車でミッドシップのようなエンジン配置を行っている自動車は少ないですが、今後技術が成熟すれば劇的に増えると考えられています。
このように、ちょっとしたエンジンの配置やバランスの変化が自動車の運転を劇的に変えてしまいます。
また運転がしやすくなると燃費の向上などにもつながり、これからの環境破壊を減らしていく時代にはとてもマッチした方式であると言えます。
今後のますますの技術向上が期待されています。

フルーツ01

Comments are closed.