ミッドシップの特徴

通常自動車のエンジンは前方のボンネットの下のエンジンルームであるのが普通とされていますが、エンジンのポジションがエンジンを車体の中心付近に配置するという方法でMid-Ship(ミッドシップ)という搭載方法があります。
通常、Mid-Shipエンジンは前後の車軸で車体の重心を出来るだけ接近させることで重心を中心に保つ方法で搭載されています。
もともとはF1などのレースに使われる車が多く、後輪駆動のMid-Shipエンジンが多く、この場合MR(Rear-Mid-Ship)と言い、エンジン自体が車軸間に搭載されているものをすべてMid-Shipと言いますが、フロント方向に近い車軸に搭載されるFF-Mid-Shipという形式もあります。
さらに、前後両方の駆動を目的とした4WD-Mid-Shipという形式もあります。
これらは、重心が中心付近にあることから、高速での車線変更や大きく旋回する時などの操縦性や安定性が良く、駆動力に優れているため、F1車両などでは最も適していると言われています。
国産車でも過去にMid-Shipエンジンのスポーツタイプの車両が製造されましたが、エンジンを車軸間に搭載するということで、場所をとりキャビンが狭くなるという欠点もあります。

ピーマン01

Comments are closed.