ミッドシップのメリットについて

フルーツ02

 

ミッドシップエンジン・リアドライブは、自動車の駆動方法の一つであり、エンジンが真ん中に配置されています。
真ん中と言っても、リアの車軸よりも前でドライバーより後ろにエンジンがあり、正確に真ん中に配置されているわけではありません。
駆動輪は後輪である事が多いですがミッドシップの4WDも存在します。
もともと船舶からのアイデアであり、船舶では波に対して船体を安定させる為に重量のある物を中心に配置させる事を考え付きました。
この考え方がスピードを求めるスポーツカーなどに採用されたのがそもそもの始まりです。
メリットとしては、車の最も重いパーツであるエンジンが車体中央に位置しているので、運動性能が向上する点が挙げられます。
初期回頭性が良いので、加速性やブレーキングが安定し、バランスが良いのでコーナーリングがFFやFRより優れています。
ブレーキングなどはリアに必ず加重がかかりブレーキングが安定し、回頭性はコーナに対してフロントの入りが良くなります。
ドライバーの後方にエンジンがあるので、その部分に人や荷物を乗せることは出来ずファミリーカーとしては適していませんが、レーシングカーやスポーツカーなどでは採用されています。

Comments are closed.