ドライバーとエンジンが近いため、熱やノイズの影響がある

魚介02車が発明されてかなりの年月が経過しています。その間、自動車メーカーを中心として、車種や使用方法に応じた新しいタイプの車が開発、そして販売されてきました。現在では非常に多くのタイプの車があり、それがまた使用目的がそれぞれ異なることが面白い点でもあります。
車の性質がどのように変わるのかということで、特に原動機となるエンジンを、その車のどの部分に配置するのかによって、走行性能等に大幅な影響を与えることが知られております。通常、原動機は車のフロントの部分に搭載されることになっております。ところが車の種類によりましては、車の長さに対して大体その中央付近に配置されるような車や、その他後ろ側に配置されるような車もあったりするのです。特にこのような原動機は非常に重量がかさむものですから、その配置する場所によりましては、ドライバーが感じる操作感覚が大幅に異なってくるのです。
特に中央付近に配置される、いわゆるミッドシップのタイプは、走行のバランスが取れて、運転していても面白みがあるとの定評があります。しかしその燃焼熱や原動機のノイズが直接ドライバーに伝わってしまうデメリットも持ち合わせているのです。特に夏場はその熱によって、ドライバーの体力をも奪う可能性があるので注意が必要です。”

Comments are closed.