コーナーリング、ブレーキングなどの操縦性が良い

ミッドシップとは車のエンジンを前後の車軸の間に配置して後輪を駆動させる方式のことです。
ミッドシップの車はエンジンが車体の中央近くに配置されるので車体のバランスがよく、コーナーリングの旋回性能、操縦性がよいです。しかしオーバースピードでコーナーに入ったり荷重移動を誤った場合などに、オーバーステア、アンダーステアが発生しやすいという点もあります。
構造的にはプロペラシャフトが必要なく、車の構造をシンプルに出来るので車体が他の駆動方式より比較的軽いという利点があります。
走行性においては、エンジンの位置が駆動する後輪に近いと後輪を上から押さえつける力が強くなるので、ミッドシップは駆動力がより地面に伝わりやすくなります。
また、車体の重量のバランスが50:50に近いことから4つのタイヤ全体でグリップしやすくなり、効率的にブレーキングを行えます。ブレーキングの性能が優れているということは、コーナーの前でスピードを落としやすいのでコーナーリングも有利に働きます。
このようにミッドシップは単純に走るということに関して有利な点が多いので主にスポーツセダン、スポーツカー、レーシーングカーで採用されています。またエンジンの小型化が可能な軽自動車でも一部の車で採用されています。

ミョウガ

Comments are closed.