スポーツカーのためのエンジン配置といえるミッドシップ

パプリカ

 

最大の重量物を車体の中央に置くミッドシップレイアウトはまさにスポーツカーのためのエンジン配置と言えます。前後のタイヤへの重量配分だけではなく重量物が中央にあることで、旋回性能の向上につながります。運転席の後方にエンジンをレイアウトすることで、駆動輪である後輪に常に十分な加重とかけることが出来、FR車やFF車とは違う常にグリップした効率の良い走行がもたらされます。ハイパワーなスポーツカーの場合FF車はアンダーステア、FR車はオーバーステアが出やすく、コントロールも難しくなりますが、常にニュートラルステアを保ちやすいレイアウトで、思った方へ、ハンドルを切った方へ切っただけ曲がる、まさに理想のスポーツカーです。しかしこれには様々な条件があります。まずエンジンが車体に対して十分に大きいことが実は必要です。エンジンが小さい場合、重量的なメリットは少なくなります。つまり何よりもハイパワーなエンジンに対して最小限の車体を組み合わせないとそれ程メリットがないということです。そう考えるとコンパクトでもハイパワーが可能になってきている現在のエンジンにはあまり向かないレイアウトかもしれません。実際にレースカーなど以外ではあまり見なくなっています。